• shiori

ジャイロトニックの魅力とは😊

6月、梅雨ですね!いかがお過ごしでしょうか?

わたしは去年購入した強力除湿機のおかげで快適に過ごしています♪

最近トレーナーの交流会があったのですが(ヨガや、フィジーク、アスレチックトレーナーの方などがおりました)

トレーナー界ではけっこうジャイロトニック®メソッドが知られてきており嬉しいびっくり!

そこでよく聞かれるのは「ピラティスとどう違うの?」「マシンはどんな特徴があるの?」

さぁここはジャイロトニック®トレーナーとして、ばっちり魅力をアピールするチャンスだ!と張り切ってお伝えしてきました♪

今日はわたしが思うジャイロトニックの魅力をご紹介します💛

ジャイロトニックの魅力①

「身体のすみずみをつなげる」


 いわゆる体幹トレーニングと違い、肩や股関節、指先から足先、目線まで意識してムーブメントしていきます。

あらゆる細部が整い、使えるようになることで自然に腹筋や背筋も強化されていきます。プランクなどの腹筋だけやっても身体全体すっきりしない、という方いませんか?(わたしはそう)使うべきは末端からです!ぜひ!

ジャイロトニックの魅力②

「リズムが心地よい」

 

 いくらいい姿勢でも、身体を固めたりポーズでは機能的ではありません。筋トレがファッションだとすると、ジャイロトニック®は機能的な身体を目指すものです。

それが身体を使う、ムーブメントであり、呼吸とリズムで動くので脳も身体もとても心地よくなります。

歩くことで脳がすっきり冴えることとよく似ています。これは幸せホルモンといわれるセロトニン分泌が呼吸とリズム運動に大きく関わるからです。

わたしはクヨクヨしているときにジャイロトニック®ワークをするとhappyになります☺

ジャイロトニックの魅力③

「正しさ、よりも優しさ」


 メソッドにおける哲学の話です。


ジャイロトニック®では解剖学的な正しさ(骨や骨格、重心がまっすぐであるなど)よりも「自然体」であることを大切にします。人の身体も自然の一部であり、それは矯正するのでなく心地よいところへ導くという考えがあります。

理学療法士であってもそれはとてもしっくり来て、好きな考え方です。

なのでどんな方にも優しいです、ご安心くださいませ。



さぁ、うずうず動きたくなってきたでしょうか?

keep moving!


66回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

寝違え

整形外科でのリハビリが終わった方へ

突然ですが、わたしは整形外科病院で運動器疾患の方のリハビリを担当して9年目、現在も非常勤理学療法士としてクリニックで勤務しています。 そして今まで、膝の靭帯損傷した方の靭帯再建術や、人工関節置換術、肩の腱板修復術、腰椎椎間板ヘルニア、足関節捻挫、頚椎症、変形性股関節症などなど、いろいろな怪我をした方のリハビリをサポートしてきました。 わたし自身もまた、膝の半月板損傷、肩の脱臼やその手術、足首の捻挫