• shiori

ジャイロトニック®とひざ痛

こんにちは!藤澤しおりです。

セッションを再開してから徐々に皆さまとの再会が増えてとても嬉しいです☺

初めましても大歓迎です!勇気を出してトライしてみましょう


今日はジャイロトニックとひざ痛のお話。

ひざが痛くて立ち上がりに不安がある方、運動を諦めている方はいませんか?


整形外科に行けばヒアルロン酸の注射を打ち、痛み止めの薬や湿布を出され、低周波の電気を当てたりして医師に「少し変形もあるからね、まだ手術まではしなくていいので様子を見ましょう」と言われる方がほとんどです。(決して否定はしていません)


リハビリ科に案内されて、ひざに筋肉をつけましょうと指導され、ひざを伸ばす体操をして良くなることもあります。しかしそれだけでは良くならないこともあります。


そもそも、ひざ関節が痛くなる大きな原因は「ひざ関節のねじれ」です。ひざは捻ったり横に折るような力の加わり方に非常に弱い関節です。その結果として半月板や軟骨を傷めてしまいます。

なぜひざが捻じれるのか?人により原因は様々ですが、改善しにくい原因のひとつに「足首のねじれ」があります。

足首のねじれなんてわからないよーーと思うかもしれませんが


・過去にひどい捻挫をしている

・ペンギンのようにペタペタ歩く

・ヤンキーのようにオラオラ歩く

・スリッパで歩くのが苦手

・しゃがむのが苦手(バランスが取れない)

・ヒールで歩くとひざが曲がってしまう


こんな方たちは足首がねじれているもしくは足首がかたい(物理的にではなく機能的に)可能性があります。


足首が捻じれているとその捻じれが下腿(すねの骨)に連動してひざ関節(大腿骨と下腿骨の関係)もねじれてしまうのです。


え、足首ってどうやって整えるの?まわせばいいの?つま先立ちすればいいの?


そこでジャイロトニック!


こんなに足首を使うエクササイズなんてある?というくらい使います。多くの方が足首の使い方に困惑し、エクササイズ中に足の裏をつるくらいです。(わたしも何回つったことか…)

足首ってとっても大事なんですよーー。わたしの好きな末端ポイント。

そして足首は股関節との連動が非常に大切なのですが、ここもジャイロトニックはうまいことできています。


またジャイロキネシス®でも、足首の使い方のエクササイズによってO脚、外反母趾が改善されたお客様もおられます。



運動をしようにも、スクワットは痛くなるし、長時間歩いても痛いのにまして走るのなんてとても無理。フィットネスクラブのエアロビクスだってけっこうきついわよ。

という方


ぜひお待ちしております☺


最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたのお越しをお待ちしております。






103回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

整形外科でのリハビリが終わった方へ

突然ですが、わたしは整形外科病院で運動器疾患の方のリハビリを担当して9年目、現在も非常勤理学療法士としてクリニックで勤務しています。 そして今まで、膝の靭帯損傷した方の靭帯再建術や、人工関節置換術、肩の腱板修復術、腰椎椎間板ヘルニア、足関節捻挫、頚椎症、変形性股関節症などなど、いろいろな怪我をした方のリハビリをサポートしてきました。 わたし自身もまた、膝の半月板損傷、肩の脱臼やその手術、足首の捻挫

© 2019 Shiori Fujisawa